0431-81985100

長春農博園紹介

長春農博園は2009年1月に市機構編成委員会の批准を経て正式に成立した。長春農博園は長春農業博覧会の永久的な開催地で、動植物の新成果・新技術・新品種のモデル推奨基地、施設農業展示応用基地、農業科学技術普及教育基地、農業資本、農機及び農産品展示販売市場、観光農業遊園区から成る。現代農業の発展と社会主義新農村の建設を牽引する役割を持ち、現在まで国内において施設完備・機能完全・規模壮大・先進技術・全国最大の農業博覧園となっている。

長春農博会の紹介

長春農博会の全称は「中国長春国際農業・食品博覧(交易)会」で、2000年に創設され、農業部・省政府・市政府が合同で主催し、市政府・省農業委員会と吉林農業大学が共同で開催している。商務部の批准により農業部の名義で開催される我省で唯一の政府主導型展示会である。農博会は「三農」(農村、農業、農民)に奉仕し、現代農業の発展と都市総合競争力の向上を牽引する面で明らかな役割を発揮し、巨大な交易を産み出している。

  • 農業博覧会の年表 私たちは農博園の長期的発展に着目し、省と市における「三農」発展の大局に奉仕する主旨と「科学技術と緑」をテーマとして堅持している。農博園における良好な地理的優勢、生態的優勢と文化的優勢を十分に発揮し、農博園を会議展示・科学技術モデル、観光レジャー・教育研修を一体化した国家級現代農業モデル区として建設することに力を入れている。また、農博会を機能完備・特徴鮮明・国内トップ・世界一流の農業ブランド展示会にし、農博園の常時開放と常時開催を目指している。

  • 2008年 第七回農博会が農博園に移転し、それ以来は毎年一回で開かれる。

  • 2009年5月 2008-2009中国ブランド展示会金鼎賞受賞
    2009年9月 全国知名ブランド展示会政府主導型展示会100に選定される
    2009年12月 2009年度中国業界ブランド展示会金鼎賞受賞
    2009年12月 2009年度全国優秀展示会イベントに選定される
    2009年12月 2009年度全市会議展示経済工作先進部門に選定される

  • 2010年3月 長春市2009年度防火工作先進部門に選定される
    2010年4月 長春市五一労働賞状を獲得

  • 2011年1月 長春市2010年度会議展示工作先進部門に選定される
    2011年3月 浄月経済開発区2010年度市容環境総合整備及び文明都市創建工作先進集団に選定される
    2011年3月 長春市2010年度防火工作先進集団に選定される
    2011年6月 長春市浄月経済開発区第八回「創先争優」活動先進党支部に選定される
    2011年6月 長春市浄月経済開発区「三幇区」活動先進集団に選定される
    2011年6月 吉林省科学技術普及農村振興先進集団に選定される

  • 2012年1月 長春市2011年度会議展示工作優秀展示項目に選定される
    2012年2月 長春市浄月経済開発区2011年民生工作先進集団に選定される
    2012年6月 全国文明都市創建及び奮戦150日市容環境総合整備工作先進集団に選定される
    2012年7月 吉林省2011-2012年度「科学技術の冬」科学技術を郷鎮に送る活動先進集団に選定される
    2012年7月 中国農業会議展示分類認定2010-2011年度総合展示AAAAに選定される
    2012年9月 長春市模範集団に選定される

  • 2013年4月 吉林省労働者先鋒号称号を獲得
    2013年7月 長春市2011-2012年度文明部門に選定される
    2013年12月 長春市「学習型組織を創設、知識性と技能型職員を従事する」活動先進部門に選定される

  • 2014年6月 長春市2012-2013年度「契約を守り信用を重じる」部門に選定される

  • 2015年5月 2013-2014年度「全国科学普及教育基地」称号を獲得
    2015年5月 全省2014-2015年度「科学技術の冬」科学技術を郷鎮に送る活動先進集団に選定される
    2015年7月3日 吉林省化学肥料農薬工業協会副理事長部門になる
    2015年8月 2015年度「中国会議展示」理事会高級会員部門になる

  • 2016年1月 吉林省科学技術協会から2015年度全省科学普及先進集団に選定される
    2016年3月 2015年度全国科学普及教育基地科学普及情報化工作審査で優秀部署に選定される
    2016年6月 長春市浄月ハイテク産業開発区第十回「創先争優」活動で先進党支部に選定される
    2016年9月 第十七回中国グリーン食品博覧会組織委員会から特別貢献賞受賞

    • 案内センター

      博会路と飛虹路交差点の東南隅に位置し、農博園における観客の需要を満足させるため対外的に開放された最重要な機能的建築の一つである。内部の設備は豊富で、農博園への最も便利な入り口である。ここは農博園を対外的に展示するための最も現代化された窓口である。
    • 生態レストラン

      総敷地面積は4.7万平方メートルで、美食区・摘み取り区・乗用車展示区に分けられている。ご来園の皆様に特色あるグルメや体験労働の楽しさを提供し、都会の真ん中で農業を楽しむことができる。
    • 農博ビジネスホテル

      飛虹路長春農業博覧園20番ゲートに位置し、観光と宿泊を一体化した多機能ホテルである。「三つ星のホテルに五つ星のサービス」、100人の同時宿泊が可能で、皆様に快適な居住生活と環境を提供する。
      1、レンタルルーム以外はすべて朝食付
      2、無料駐車場、無料WIFI
      予約ホットライン:0431-81986788 81986799
    観覧案内

    環境に優しい交通ルート

    一、四つの公共バス路線が農博園に停留所を増設し、待ち時間は短い。

    1、160番線:太陽城―浄月潭。始発5:30、最終17:30、運行車両34台、平均間隔6分、一日に340便。

    2、102番線。三馬路―長影世紀城。始発6:00、最終17:00、運行車両28台、平均間隔7分、一日に280便。(午後は博会路と森楊路交差点に迂回)

    3、120番線。汽車廠一站―信息経済学院。始発6:00、最終17:30、運行車両30台、平均間隔6分、一日に280便。(午後は博会路と森楊路交差点に迂回)

    4、158番線(環線):中東市場―中東市場。農博園を通過する。始発6:00、最終19:00、運行車両24台、平均間隔6分、一日に320便。

    二、農業博覧会期間中には農博園専用線が増設される。農博園のWeChat・WeiBo・公式ウェブを随時ご覧下さい。

    三、モノレールが最も便利:モノレール3番線、農博園駅下車。

    遊園ルート

    4番ゲート→6号庁(関東農耕民俗文化展示場)→1号庁(省市特色農産品展示場)→2号庁(農業産業化重点トップ企業展示場)→3号庁(国際農産品展示場)→農機展示区→ニューエネルギー展示区→飛虹路を沿って17番ゲート→南果北種モデル区→漁業展示区→水中培養区→切花展示区→特産商品展示販売区→キノコ基地→景観大通りを通過し生態観光園へ→園芸草花展示区→南方果樹園→創意農業園→砂漠植物園→世界農業風情園→温室栽培展示区→14番ゲートから退園

    毎年、農博園は新しい産品を展示紹介するので、随時ホームページ等の更新にご注目下さい。

    連絡先

    展示参加電話:86+ 0431-81985055/81985066/81985077/81985072
    代表:86+ 0431-81985100/81985200

    チケットサービス

    チケットサービス未オープン、お楽しみに

    園区ガイド
    主催:中華人民共和国農業部 吉林省人民政府 長春市人民政府
    共催:長春浄月ハイテク産業開発区管理委員会
    展示参加電話:0431-81985055 | 代表:0431-81985100
    住所:長春市浄月大街4775号長春農業博覧園